急速に値下がりしてしまう!?あまり仕入れたくない本のジャンルとは何なのか?

どうも、白鳥です。

 

毎度お読みいただきありがとうございます。

 

私は本の仕入れもしているのですが

仕入れ対象として含みたくないジャンルがあります。

 

いわゆる「新書」というやつです。

 

もちろん、確固たる理由が2点ほどあります。

 

1つ目は、値段の下がるスピードが早いということです。

 

これは「Amashow」という

商品の価格変動を見るサイトの

中古最安値のグラフを見ればわかります。

 

例を1つ挙げれば

以前、最安値400円だった本が

なんと今では「40円」になっています。

 

数か月程度でこのくらいは下がってしまうわけです。

 

おそらく、もう少し時間が経てば

「1円」とかになる可能性も大いにあります。

 

これは「新書」だから起こりやすい現象で

「単行本」には起こりにくいです。

 

まず、単行本は数か月で「1円」に下がることはありません。

 

むしろ、良い商品なら

1年程度仕入れていくことも可能です。

 

そして、2つ目は出品者の数が多いことです。

 

それも多いだけではなく

かなり手ごわい出品者が埋め尽くしています。

 

では、なぜ手ごわいのかというと

自社で買い取りを行っている

業者さんだからです。

 

我々、個人で活躍するせどらーが

105円で仕入れるところを

彼らは10円とかの値段で仕入れてしまうんですね。

 

まあ、厳しいとしか言いようがありません。

 

この

 

1、値段の下がるスピードが早い。

2、出品者の数が多い。

 

といった理由から

「新書」の仕入れには気を付けた方がよろしいと

私なんかは考えています。

 

昔は仕入れていたときもありましたが

最近は避けているのが本当のところですね。

 

ですから、新書を取り扱うときは

売れるべきものを見極めていくようにしましょう。

 

決して、トレンドを見誤らないことです。

 

それではまた次回の記事でお会いしましょう。

 

白鳥

 

【個別メール窓口】

 

いつでも質問や相談や依頼がありましたら

お気軽に遠慮なくメールしてみてください。

 

どんな些細なことでも大丈夫です。

 

管理人へのメールはこちらです。

 

【白鳥の無料講座】

 

なぜコンビニ店員上がりの凡人が

右も左もわからないネットビジネスで

月収100万円を稼げるまでになったのか。

 

興味があればこちらもご覧になってみてください。

 

“究極の凡人”がゼロスタートで月収100万円稼いだ方法。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

ahiruman11

 

管理人の白鳥(しらとり)。本業は大学生で普通の21歳です。

 

2013年春から始めたヤフオク転売とアフィリエイトが軌道に乗り、インターネット副業月収100万円を突破しました。

このページの先頭へ