普通の人はグローバル・エリートを目指さない方がいい。

どうも、白鳥です。

 

よくこんなことが言われていますよね。

 

「英語の勉強をして、アメリカの超名門大学に留学すべき」

 

まあ、できるならしても良いという感じですが

グローバル・エリートが大勢いる世界に行っても、

かなり大変だろうなーって思うんです。

 

だって、小中高の成績が普通の人が

グローバル・エリートと張り合っても、まず勝てないからです。

 

小中高の成績が1番でない人が

ハーバード大学を目指しても

受かる確率はけっこう低いでしょう。

 

もし受かったとしても、アメリカの大学は

卒業する方が入学するより難しいので

卒業できない可能性もあります。

 

私みたいに二流大学に通うような人が、

超一流大学に通うような人に、

受験で勝てるはずもないのです。

 

そのため、小中高の成績が普通だった人は

グローバル・エリートと張り合うべきではないなと確信しました。

 

グローバル・エリートを目指すくらいなら、

アフィリエイターとか、せどらーとか、コピーライターとか、

デザイナーとか、インフォプレナーとか、プログラマーとか、

トレーダーとか、ユーチューバーなどを目指す方が

受験秀才と勝負をしないで済むので良いですね。

 

普通の人が、受験秀才に受験で対決するのは

体重50キロの人が体重100キロの人と相撲するのと同じで

勝ち目が本当にないので、肝に銘じてください。

 

なお、グローバル・エリートにならなくても、

人生を幸福感に包まれながら生きている人は

山のようにいるので、劣等感はいらないです。

 

むしろ、仕事ばかりしている人より

海や森などの自然に溢れている南国で

まったり暮らしている人の方が

ゆとりのある生活をしているかもしれません。

 

まあ、人生楽しんだもの勝ちってことですね。

 

それではまた次回のブログ記事で。

 

白鳥

 

【白鳥の無料講座】

 

なぜコンビニ店員上がりの凡人が

右も左もわからないネットビジネスで

月収100万円を稼げるまでになったのか。

 

興味があればこちらもご覧になってみてください。

 

“究極の凡人”がゼロスタートで月収100万円稼いだ方法。

 

【個別お問い合わせ窓口】

 

もし、ご相談がありましたら、

お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

とくに、ご購入前の教材についての

ご相談は重要ですので遠慮しないでください。

 

白鳥へのメールはこちら

 

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

ahiruman11

 

管理人の白鳥(しらとり)。本業は大学生で普通の21歳です。

 

2013年春から始めたヤフオク転売とアフィリエイトが軌道に乗り、インターネット副業月収100万円を突破しました。

このページの先頭へ