自分に合ったネットビジネスを見極める方法。

どうも、白鳥です。



今回は数多くある「ネットビジネス」の中で、

自分に合ったものを見極めるにはどうすればいいのか。



そんなテーマでお話しさせて頂きたいと思います。



それでは早速いってみましょう。


自分に合ったネットビジネスを見極める方法。


例えば広告ビジネスに分類される「アフィリエイト」でも、

その手法、市場はかなり多様化しています。



・物販のアフィリエイト

・アダルトアフィリエイト

・クリック課金型のアフィリエイト

・情報商材系のアフィリエイト



売っていく「商品」だけでもこれだけの多様化があり、

その手法を挙げていっても、



・SNSを利用したアフィリエイト

・動画サイトを利用したアフィリエイト

・トレンドアフィリエイト

・ブログアフィリエイト

・メルマガアフィリエイト



と、ザッと挙げてもこれくらいの選択肢が出てきます。



そしてそれぞれの市場、手法に応じたノウハウや教材が

多数、出回っているという状況にあります。



物販系のビジネスでも、


・どういう商品を扱うか

・どこで仕入れるのか

・どこに売るのか


というような選択肢が1つ1つにあり、

今は国外からの仕入れや転売も出来る時代ですので、

これについても多種多様な手法やノウハウがある状況です。



ここまでの多様化が見られると


「何が最も有効なのか」

「何が稼ぎやすいのか」


の判断も難しいというのが実際のところですが

ネットビジネスをいざ始めていく際に最も重要なのは、

これらの多様化された市場、ノウハウの中で、


「最も自分に合ったものを始めていく事」


と言っても過言では無いと思います。



ただ、ここで今、私はかなり「本質的」な、
ほぼ「答え」に近い事をお伝えしました。



“最も自分に合ったものを始めていく事”



これです。


というより、基本的にはこれだけを目安にするべきであり、

これ以外の要素は「全く考えなくてもいい」くらいです。



勿論、根本的に再現性の無いノウハウに手を付けるのはNGですが、



「きちんと有効なノウハウのポイントを押さえていける事」



を前提とするなら、あとは


「自分に合ったものを始めていく事」


だけを意識するくらいでいいと思います。



要するに


「何が最も有効なのか」

「何が稼ぎやすいのか」



こういう事を考えること自体が「駄目」って事です。



というよりも、


“最も自分に合ったものが最も有効で最も稼ぎやすい”


というのが1つの結論です。



だからこそ「最も自分に合っているもの」を、

その手法やノウハウを客観的に捉えて考えるべきなんです。



逆に言えば、どんなに有効と言われ、稼げている人がいる方法でも、

その方法が自分に合っていなければ根本的に再現性は得られません。



そして、「何が自分に合っているか」の答えは

既に「自分の中」にあるわけです。


その答えは「自分の中」にある。


・自分が意欲的に「やりたい」と思えるものは何か。

・自分がどうしても「やるたくない」と思ってしまうものは何か




まずはこの行動意欲で1つ1つのビジネス、市場を分けてみてください。



「文章を書いていくのは得意」


とか


「アダルトは根本的に無理」


などですね。



逆に


「文章を書くのは苦手」


という考えがあるとしても、

まず優先するべきは「意欲」の方なので、

そこについては一応「自問自答」をしてみてください。



「根本的に文章を書いていくようなビジネスは“嫌”なのか」

「ただ苦手意識があるだけで、やってみる“意欲”はあるのか」




実際はどんな物事もきちんと勉強をして、

スキルを身に付けていけば「やって出来ない事」はありません。



ただそこに「意欲」を持てないものは、

どうやっても身に付かないと思いますし続かないと思いますので


「意欲を持てないものは根本的に切り捨てる」


くらいの考え方でいいと思います。



逆に苦手意識があっても「意欲」を持てるものは

候補として残しておいていいと思います。



とにかく重要なのは「自分が意欲的になれるかどうか」です。



それが「お金の為なら」という条件付でも全く問題ありません。



「お金の為なら苦手な分野だけど頑張れる!」


というなら、それは十分、意欲的になれるものに入ります。



それもモチベーションの1つですからね。



ただ、このような考え方を持ち出すと、


「それなら、私は何でもやりますよ!」


という人も稀にいますが、

そういう人に限って、いざ何かをやりはじめると

何かと理由を付けて続けられなくなる傾向にあります。



「本当の本当にお金の為なら苦手なものでも努力出来る!」


という意欲、モチベーションがある人なら、

それこそどんなビジネスでも意欲的に続けられるはずです。



でも、大半の人は「実際はそう続かない」というのが実状ですので、

そこも含めて「自分が意欲的に続けられそうなもの」をまず選びましょう。



今現在の時点で、外部からの


「これが稼げる。」

「あれが稼ぎやすい。」



という情報の「稼げる」という言葉だけを真に受けて、

さほど意欲も無いビジネスを始めていくよりは、

自分が意欲的になれるものを選んだ方が

確実に成功出来る可能性は高められると思います。



勿論、外部からの情報を取り入れて、


「そのビジネスやノウハウが自分に合っていそうか」


を客観的に判断していくというのは多いにアリです。



ただ表面的な「稼げる」「稼ぎやすい」という言葉だけに反応して

自分の「意欲」を無視するようなビジネスの選び方は、

無駄な時間と労力を費やさない為にも避けた方がいいと思います。



なので、


「楽そう」

「簡単そう」

「すぐに稼げそう」



こういう考え方も基本的には捨てた方がいいと思います。



「楽に、簡単に、すぐに稼げる方法が自分に向いてます。」


なんて考え方は、根本的にビジネスで成功出来ない人の考え方です。



そういう人に限って、

「楽です。」「簡単です。」「すぐに稼げます。」

という情報に騙されてしまうんです。



そもそもそんな都合の良いビジネスなんてありませんから。



何のビジネスを選んでいくにしても、

人以上の収入を短い労働時間で稼いでいくには、

それ相応の「努力」が必要になるのは当然の事です。



多少なりと努力していく事を考えなければいけないからこそ


「自分が意欲的になれるビジネス」


を選ぶべきなんですね。



自分に向いている、意欲的になれるビジネスなら、

多少の努力も前向きに重ねていけるはずですから。



自分に合ったビジネスを見極める1つの目安


ここまでの話を踏まえて今回は「1つの目安」として、

私の方から自分に合ったビジネスを見極める

その「1つの基準となるもの」を提案しておきます。



それは以下の3つからの「自分が意欲的になれるもの」の選択です。



1、文章(を書いて)で稼ぎたい

2、動画(を扱って)で稼ぎたい

3、出来ればそのどちらも避けて稼ぎたい




「1」であればアフィリエイト系全般。

「2」であればYoutube系のビジネス。

「3」であれば物販ビジネス。



かなり端的な選択肢になりますが、

結局のところ今のネットビジネスはこの3つに集約されますので、

まずはここから自分に合うビジネスを絞り込んだ方がいいと思います。



そこからも更なる細分化があるのですが、

この3つから自分に合うものを選ぶだけでも、

かなり大幅にその選択肢は絞り込めるはずです。



勿論、ひとまず意欲的になれそうなものはやってみる。



というのも1つの選択肢です。



少なくともネットビジネスはどんなビジネスを始めていくにも

そこまで大きな設備投資や初期投資が必要なものはありません。



いざ始めてみる「リスク」よりも

チャレンジしてみて得られるものの方が、

どんなビジネスにせよ「ある」と思います。



それこそ私は「アフィリエイト」と「物販ビジネス」から始めて、

物販で目先の収入を得ながらアフィリエイトの仕組みを構築していきました。



そうして今のような活動スタイルに至っているわけです。



ただ、私が始めた頃よりも「動画系」のビジネスやノウハウが

かなり確立され、稼ぎやすくなっているのも事実なので、

今、初心者が1から始めて「まず稼いでいきやすい」のは、


・物販ビジネス

・動画ビジネス



この2つかもしれません。



ですが「大きく稼げる」のは間違いなく、

文章で稼いでいく「アフィリエイト系のビジネス」です。



ですので、先々の安定性や大きな成功を目指したいのであれば、

私のようにアフィリエイトの仕組み作りをやりながら、

まず自分が稼ぎやすいビジネスを並行していく流れをお勧めします。



今回も最後までお読み頂きありがとうございました。



白鳥



【個別メール窓口】


いつでも質問や相談や依頼がありましたら

お気軽に遠慮なくメールしてみてください。

どんな些細なことでも大丈夫です。


白鳥へのメールはこちらから。


【白鳥の無料講座】


なぜコンビニ店員上がりの凡人が

右も左もわからないネットビジネスで

月収100万円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。


>究極の凡人がゼロスタートで月収100万円稼いだ方法。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

ahiruman11

 

管理人の白鳥(しらとり)。本業は大学生で普通の21歳です。

 

2013年春から始めたヤフオク転売とアフィリエイトが軌道に乗り、インターネット副業月収100万円を突破しました。

このページの先頭へ