ビジネスモデルを選ぶ基準の比較、一覧、まとめ。

どうも、白鳥です。

 

今回はアフィリエイト、情報販売、

ヤフオク転売、せどりなどをやらずに

新規ビジネスをやりたい方が

それを選ぶときの基準について書いていきます。

 

実は、これについては多くの人が

様々なことを言っているので

私が知っている限りで比較、一覧、まとめたいと思います。

 

それでは早速いきましょう。

 

一体どんなビジネスがいいのか?

☆ 選びたいビジネスの基準(1)

・24時間365日稼働するもの

・日本全国が商圏になるもの

・在庫がないもの

・無限に供給できるもの

・個人にレバレッジをかけるもの

・粗利が8割以上のもの

 

☆ 選びたいビジネスの基準(2)

・比較的新しいもの

・これから伸びそうなもの

・すでに儲かり始めている人がいるもの

(儲かってる人がいないビジネスをやるのはギャンブル的)

 

☆ 選びたいビジネスの基準(3)

・少額多人数へ提供できるもの

・口コミで広がるもの

・プラットフォームに親和させられるもの

・自動化できるもの

・継続課金型のもの

・初期投資とリターンが非対称なもの(1対100など)

・提供する商品・サービス価値が高いもの

・粗利が8割以上のもの

・在庫不保持なもの

 

☆ 選びたいビジネスの基準(4)

・何をやるかより、誰とやるかが重要だから組む人次第

 

☆ 選びたいビジネスの基準(5)

・ビジネスは何を、誰から学び、誰と組むかで決まる

 

☆ 選びたいビジネスの基準(6)

・自分の得意とするもの

・自分が興味のあるもの

・人がやってほしいと思うもの

 

☆ 選びたいビジネスの基準(7)

・直感で「いいな!」と思ったものをやる

 

☆ 選びたいビジネスの基準(8)

・一点集中で細分化した1つのビジネスをやる

・その市場でトップレベルになれるもの

 

☆ 選びたいビジネスの基準(9)

・参入障壁が高いもの

・競合が途中で諦めていくもの

 

☆ 選びたいビジネスの基準(10)

・グレーゾーンなもの

 

☆ 選びたいビジネスの基準(11)

・本当の意味で人の役に立つもの

・本当の意味で人を喜ばせるもの

 

☆ 選びたいビジネスの基準(12)

・楽しいと思えるもの

・やりがい、生きがいを感じるもの

・得意分野のもの

・初期投資があまりかからないもの

・健康的にできるもの

 

☆ 選びたいビジネスの基準(13)

・経験や人脈を生かせるもの

 

☆ 選びたいビジネスの基準(14)

・ニッチなもの

・ライバルが少ないもの

 

☆ 選びたいビジネスの基準(15)

・変化のスピードが遅い業界、古い業界のもの

(変化が早いとスキルが積み重ならない)

 

☆ 選びたいビジネスの基準(16)

・長期的な資産を構築できるもの

(ブログアフィリエイトのような)

 

☆ 選びたいビジネスの基準(17)

・ライバルがいない、弱いビジネス

・人がやりたがらない、嫌がるビジネス

・格好悪いビジネス

 

☆ 選びたいビジネスの基準(18)

・100年前もあったビジネス

 

☆ 選びたいビジネスの基準(19)

・とにかく情熱、熱量を注ぎこめるもの

 

☆ 選びたいビジネスの基準(20)

・身に付けるのが難しく、長時間かかるもの

 

☆ 選びたいビジネスの基準(21)

・初期投資が不要なもの

・社員や事務所が不要なもの

・在宅でできるもの

・嫌な人間関係を気にしなくていいもの

 

☆ 選びたいビジネスの基準(22)

・ライバルが多いもの

(シェアを一気に奪うため)

・後発者に値するもの

(先発から学べるため)

 

☆ 選びたいビジネスの基準(23)

・ターゲットの悩みが深く、痛みが強いもの

 

☆ 選びたいビジネスの基準(24)

・中毒性、依存性のある商品を扱うもの

 

☆ 選びたいビジネスの基準(25)

・市場が成長しているもの

(今であれば高齢者系)

 

☆ 選びたいビジネスの基準(25)

・周りから圧倒的に逸脱したことができるもの

・完全に差別化ができるもの

 

☆ 選びたいビジネスの基準(26)

・地域性のあるもの

(要は、リアルビジネス)

 

☆ 選びたいビジネスの基準(27)

・人でなくお金を働かすことができるビジネス

(株式投資など)

 

☆ 選びたいビジネスの基準(28)

・知識産業

・頭脳産業

 

☆ 選びたいビジネスの基準(29)

・リピーターが生まれやすいもの

 

☆ 選びたいビジネスの基準(30)

・10年先、20年先を見据えられるもの

(ITなどの新興企業はあえて選ばない)

 

☆ 選びたいビジネスの基準(31)

・付加価値を与えられるもの

(過去には、整形カラコン、モテメガネなどがある)

 

☆ 選びたいビジネスの基準(32)

・権利収入、不労所得が得られるもの

 

☆ 選びたいビジネスの基準(33)

・なるべく競合が少ない分野

・誰も満たせていないニーズを叶える

 

☆ 選びたいビジネスの基準(34)

・粗利が高いビジネス

・在庫を持たないビジネス

・月極収入のビジネス

・小資本でできるビジネス

 

☆ 選びたいビジネスの基準(35)

・ライバル不在、弱い

・多くの人が求めている

・ブーム、トレンドにのる

・リソースがある

 

何を選ぶかは超重要だと単純に認識してほしい。

以上、35個に分けて紹介しました。

 

まあ、色々選ぶ基準のようなものがあるんだなと

参考にしていただければ幸いです。

 

あと、どんどん組み合わせていってほしいですね。

 

もちろん私自身も、これから活用していくものなので

本当に永久保存版になります。

 

すでにヤフオク転売やせどり、情報販売、

アフィリエイトをやっている人には関係ないかもしれませんが

就活中の人や転職希望者や

新しくビジネスをこれから立ち上げたい人は

ぜひご活用してみてください。

 

内容は客観的に見ても自信がありますので。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

白鳥

 

追伸

 

本記事をまとめていて下記の言葉を思い出しました。

 

「人生はどの山を登るかで大半が決まる。

その山を早く見つけることです。手遅れになる前に。」

 

これはソフトバンクの孫正義さんの言葉です。

 

まさにテニスの錦織圭さんは

子供のときから良い山を見つけたってことですね。

 

本当にすばらしい^^

 

白鳥の無料講座

なぜコンビニ店員上がりの凡人が

右も左もわからないネットビジネスで

月収100万円を稼げるまでになったのか。

 

興味があればこちらもご覧になってみてください。

 

→ “究極の凡人”がゼロスタートで月収100万円稼いだ方法。

 

個別お問い合わせ窓口

何かご意見・ご感想・ご要望などありましたら

お気軽にコメントやメールをください。

 

できる限りあなたのメッセージを反映して

今後のブログ活動に望んでいきたいと思います。

 

→ 白鳥へのお問い合わせはこちら

 

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

ahiruman11

 

管理人の白鳥(しらとり)。本業は大学生で普通の21歳です。

 

2013年春から始めたヤフオク転売とアフィリエイトが軌道に乗り、インターネット副業月収100万円を突破しました。

このページの先頭へ