フランチャイズの光と闇

白鳥です。

 

世の中にはたくさんのフランチャイズがあります。

 

セブンイレブン、おそうじ本舗、ダスキン、

全軽連、センチュリー21、トータルリペア…

 

「あれここもフランチャイズだったんだ!」

ということも意外に多いです。

 

逆に、フランチャイズがなくなると

私たちの生活はけっこう不便になると思います。

 

今の日本になくてはならないビジネスモデルです。

 

「フランチャイズで起業をしよう!」

あなたはそんなことを考えたことがあるでしょうか?

 

実は、フランチャイズをしようと考える会社は

以下の2つに別れます。

 

1 自分のビジネスが儲かっているので大きくしたい。

2 儲かっていないのでFCで加盟者から利益を取りたい。

 

もちろん、2番目のフランチャイズを選んだら最後です。

 

これに加盟したら稼げないモデルを教えるので、

参加しても稼げるわけがありません。

 

逆に、1番目のフランチャイズはグッドです。

 

これは稼げるビジネスモデルなので

加盟者も儲かる可能性が高いです。

 

でも安心はできません。

 

フランチャイズは以下の条件を満たしているべきです。

 

1 商圏を生かしている。

2 誰でもできるノウハウ。

3 定期的にノウハウを新しくする。

4 独自性がある。

 

ここでポイントなのは

誰でも短い期間でビジネスができるからこそ

フランチャイズに加盟ってことです。

 

要は、自分個人でもできるビジネスなら

わざわざ加盟しなくていいのです。

 

他にも、フランチャイズの条件として

 

1 利益率がいいか。

2 契約条件がいいか。

3 サポートがしっかりしているか。

 

などがあります。

 

本部と加盟店の両方がフランチャイズのメリット、デメリットを

把握していないとこれは長くは続かないでしょうね。

 

FCであっても、起業ですから

1人の経営者として

しっかりビジネスをしていく必要があります。

 

ですから、

 

1 マインドセット

2 コピーライティング

3 マーケティング

 

などをしっかり学び続けていった方がいいということ。

 

結局、フランチャイズでもネットビジネスでも

そこは変わらないというお話でした。

 

ぜひ参考にしてください。

 

それではまた次回。

 

白鳥

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

ahiruman11

 

管理人の白鳥(しらとり)。本業は大学生で普通の21歳です。

 

2013年春から始めたヤフオク転売とアフィリエイトが軌道に乗り、インターネット副業月収100万円を突破しました。

このページの先頭へ