詐欺商材の存在意義

白鳥です。

 

私はいわゆる詐欺商材という

セールスレターとマニュアルの中身が

著しく相違している商材を購入したことはありません。

 

それらが怪しいというのは

ネットビジネスを初めて知ったときから

なんとなくわかりました。

 

だってそれより顔と名前出して動画撮っている人の方が

信用できるって思うじゃないですか。

 

値段もこれだけ高いならまともな筈だろうと・・・

 

しかし、その読みが完全に甘かったわけです。

 

いわゆる詐欺商材には引っかからなかったけれど

高額塾には引っかかってしまったということです><

 

動画で撮っている人ほど危険だと嫌でもわかりました。

 

それに逆にもう高額塾には気をつけなければという

免疫が生成されたので

損はしましたが

後々の商材購入のことを考えると

勉強にはなったかと思います。

 

そして本題の詐欺商材の意義について。

 

こちらについては詐欺商材の存在自体が有難いということです。

 

「何を言ってるの?」

「それはあり得ない!」

と思われる方もいらっしゃると思いますが

その本意は

詐欺商材の存在が

“誰でも楽に稼げる方法なんてない”

ということを教えてくれるものだと解釈しているからです。

 

書類を申請しただけでとか

配当金がどうたらとか

そんな楽に稼ぐ方法はないと身をもってわかるだけで儲けもの。

 

それからは本気でビジネスに望めるじゃないですか。

 

よし!転売やろう。

よし!アフィリエイトやろう。

 

マインドセットが詐欺商材を買ってしまっただけで育成される・・・

 

私はそういうことも考えると存在意義があるなと思うということ。

 

私の場合は詐欺商材ではなく高額塾で気づいたという

それくらいの違いですね。

 

もちろん詐欺商材や高額塾に騙されろってわけでもない。(笑)

 

もし「うわっ!ショック!」と思うようなときがあったら

その気持ちをバネにした方がプラスということですね。

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

 

白鳥

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

ahiruman11

 

管理人の白鳥(しらとり)。本業は大学生で普通の21歳です。

 

2013年春から始めたヤフオク転売とアフィリエイトが軌道に乗り、インターネット副業月収100万円を突破しました。

このページの先頭へ