読み手の立場に立った文章の書き方。

白鳥です。

 

今回は、読み手に対して、どうすれば

不親切な記事にならないのかお話していきます。

 

まず前提として

初めてアクセスしてきた読み手の多くは

100%記事を良くても斜め読みしかしません。

 

従って、斜め読みもで伝わるような、

かつ有益な内容にする工夫をすることが大事です。

 

各記事単位で伝えたいことを絞って、

そこに文字色をつけたり太字に装飾することで、

伝えたい内容を正確に伝える工夫が必要になってきます。

 

斜め読み、流し読み、スクロールで記事を読んだ際、

文字装飾、太字で書いた重要な部分のみに目が行っても

内容が伝わるような文章の書き方です。

 

・記事の基本的な書き方

 

ブログ初心者にみられる傾向として、

改行や日本語のおかしさなどがあります。

 

そこは、私のブログ記事は

頻繁に改行をしていますし

短く簡単に分かりやすく書かれていると思います。

 

あと、質をさらに高めるといった意味では、

記事を読み返す習慣をつけた方が良いと思います。

 

声に出して読んだ時に詰まってしまうような内容は

それは読み手にとっても読みにくいということです。

 

常に読み手にとって親切かどうかを考えることが大切です。

 

・文字装飾の仕方

 

伝えたい要点を絞って、

その要点が伝わりやすくするための

文字装飾を行った方が良いです。

 

引用は「青」

重要事項は「赤」

 

などといった工夫をした方が良いです。

 

※文字装飾に関しては一貫した装飾にしてください。

 

ぜひ参考にしていただければと思います。

 

それではまた次回。

 

白鳥

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

ahiruman11

 

管理人の白鳥(しらとり)。本業は大学生で普通の21歳です。

 

2013年春から始めたヤフオク転売とアフィリエイトが軌道に乗り、インターネット副業月収100万円を突破しました。

このページの先頭へ