動こう、実行し続けよう!!

どうも、白鳥です。

 

今回は2011年1月9日の朝日新聞に掲載された

グリー株式会社代表取締役会長兼社長、

田中良和さんの記事を紹介したいと思います。

 

こちらですね。

 

「動こう、実行し続けよう」

 

2011年1月9日 朝日新聞 田中良和

 

ゲームセンターにやってくる、

 

「今の自分に満足していない大人」

 

を見て、こうはなりたくないと強く思いました。

 

自分なりの仕事の方程式、

 

「やりたいことがあって、それが仕事になって、

それで稼げるようになる」

 

そんなことが本当に出来るのか。

 

思いはあっても力の無い自分とのギャップをどう埋めていくか。

 

それが僕の仕事の出発点で、

何よりも手応えがあり面白いことだと思えました。

 

僕が肝に銘じたのは、

人の作り上げた仕事に対して

 

「良い悪い」

 

とジャッジする評論家のようになってはいけないということ。

 

今、多くの若い人が無意識のうちに

この禁を犯している気がします。

 

自ら実行し、そして結果を問う。

 

その姿勢がなければ仕事とはいえない。

 

実行し、実行し、一つの目標が結果を出すまで

実行し続けることこそ、大切なのではありませんか。

 

また、その仕事が人の幸せにつながり、

より良い毎日を提供できるものでなくてはと思います。

 

以上になりますね。

 

いかがでしたでしょうか。

 

個人的には

自分が行動、アクションすることの大切さを

改めて感じさせられる記事だと思います。

 

ちなみに、本記事は2011年1月9日ということで

東日本大震災の少し前になるわけですが、

ふとした拍子に内容を思い出したので

掲載させていただきました。

 

それにしても・・・。

 

さすが上場している会社の社長さんは

ビジネスの本質、神髄をわかっていますよね。

 

私はこの記事を初めて読んだとき、

本当に納得することしかできませんでした。

 

で、それを思い出したので

もうこれは絶対にあなたへ届けようと

思った次第です。

 

ただ、それだけでは面白くないので

なぜ行動をしないで評論ばかりする人が多くなってしまうのか

ちょっと考えてみたのです。

 

おそらく答えはこれだろうと思います。

 

私の結論としては・・・。

 

多くの人達、とくに若者などは極度に

失敗を恐れているのではないか、ということです。

 

つまり、行動を多くしていくと

失敗するリスクも結構あるし、

時間と労力を注ぐ必要があるから

できるだけ離れたところで見物していたいわけです。

 

だからこそ評論家のようになって

ああだ、こうだと言い結局、

人の悪いところしか見れなくなるのです。

 

もちろん、少なからずの人は

人の良い部分を見つけて

「ほめる」というアクションを起こせますが

ネット上には炎上、批判だけの

評論家的な人が目立ちます。

 

しかし、田中社長の言葉からすれば

思いはあっても力のない自分とのギャップを

どう埋め合わせるかが面白いわけで

実際に実行をしていない人には

絶対になってはいけないということです。

 

とにかく実行を大切にし続けて、

失敗しても諦めないでいきましょう。

 

もし失敗が嫌だとしても、

ネットビジネスはリアルビジネスのように

初期投資1000万円とか一切不要ですから

本当にリスクが少ないと思います。

 

参考までに。

 

それではまた。

 

白鳥

 

白鳥の無料講座

なぜコンビニ店員上がりの凡人が

右も左もわからないネットビジネスで

月収100万円を稼げるまでになったのか。

 

興味があればこちらもご覧になってみてください。

 

→ “究極の凡人”がゼロスタートで月収100万円稼いだ方法。

 

個別お問い合わせ窓口

現在、当サイトでは、

多くの質問や相談をいただいています。

 

数も結構すごいんですね。

 

なので、何か質問や相談などありましたら

お気軽にコメントやメールをください。

 

できる限りあなたのメッセージを反映して

今後のブログ活動に望んでいきたいと思います。

 

→ 白鳥へのお問い合わせはこちら

 

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

ahiruman11

 

管理人の白鳥(しらとり)。本業は大学生で普通の21歳です。

 

2013年春から始めたヤフオク転売とアフィリエイトが軌道に乗り、インターネット副業月収100万円を突破しました。

このページの先頭へ