情報商材の売上は誰にいくら渡るのか?

白鳥です。

 

私は情報業界を知って少し経ちますが

最近思うことがあります。

 

それは、商品の単価が高いなってことです。

 

だって、コンビニでバイトをしていた時期は

いつも120円とか410円とか

それくらいの金額ばかり目にしていましたから

まさに異世界ですよ。

 

・24万8000円

・6万8000円

・5000円

 

どれにしてもコンビニではその単価を一切見ません。

 

それにもかかわらず情報業界では

5000円の商品は安い商品と受け止められている。

 

むしろ、5000円だと安すぎるから

高くしないと売れないという話もあるくらいだ。

 

とてつもない世界とはこのことである。

 

ではせっかくなので情報商材が売れると

どんな利益配分になるか紹介しましょう。

 

例えば

400人の見込み客に

3万円の商品を売ったとすると

1200万円の売り上げになります。

 

そしてその半分は一般的に

アフィリエイターに配分されるといわれます。

 

なのでアフィリエイターたちに600万円渡ります。

 

そして、他にコピーライターがいる場合は

売上の4分の1で請け負うのが一般的です。

 

なのでコピーライターに300万円渡ります。

 

そしてインフォプレナーへは

残りの300万円が渡る計算になります。

 

この3者の中で当然1番儲かるのは

コピーライターとインフォプレナーですね。

 

アフィリエイターには半分ほど売上がいきますけど

人数がけっこういるわけですから

1人当たり数万円や数十万円くらいが一般的と考えられます。

 

それと、もしコピーライターに請け負わせないで

自分でレターを書ける能力があるなら

情報商材作成と合わせて600万が入ります。

 

アフィリエイトも自分でやるとなれば

1200万全て得ることになりますが

自分だけでやればまず400人に売るのは難しいです。

 

まあ何でも自分でやるのは理想ではありますけど

何でも自分でできるわけではないので

請け負ってもらうのが基本となります。

 

多くの人に協力してもらって

初めて億という売上が上がるわけですね。

 

まあそんなに売り上げがなくてもいいというなら

もちろん個人だけでも

 

・アフィリエイト

・セールスレター作成

・情報商材作成

 

を行い稼いでいくことができます。

 

それが1番初心者の方には

向いている方法だとは思いますね。

 

以上、情報商材の売上に対する配分についてになります。

 

参考にしてみてください。

 

それでは白鳥でした。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

ahiruman11

 

管理人の白鳥(しらとり)。本業は大学生で普通の21歳です。

 

2013年春から始めたヤフオク転売とアフィリエイトが軌道に乗り、インターネット副業月収100万円を突破しました。

このページの先頭へ