神はなぜいるのか?(パスカル・ボイヤー)レビュー

白鳥です。

 

本日は、人が物事を信じるというプロセスとして、

客観的な観点で展開される宗教学の書籍をレビューします。

 

こちらですね。

 

→ 神はなぜいるのか?

 

著者はパスカル・ボイヤー。

 

内容は下記になります。

 

宗教とはなにか。

 

宗教は、なぜ、どのようにして生まれたのか。

 

なぜ、すべての社会には宗教があり、

一見奇妙に思える信仰や儀式が、

現在も行なわれているだろうか。

 

文化人類学、認知科学、進化生物学、進化心理学などの

最新の知見を駆使し、

ヒトの心の進化に焦点を当てることで、

宗教の謎を解き明かす。

 

Amazonのカスタマーレビューは

3名全員が☆5つを付けている良書です。

 

ただ、現在は9点の中古在庫しかなく

安くても6499円からとなっています。

 

この本は人の心理を学ぶ面でも

勉強になると大学教授に言われて

読もうとしたのですが

これは私には難しいなと思いました。

 

なぜなら、神がいるのか?を語るには

文化人類学、認知科学、進化生物学、進化心理学に加え

脳科学、哲学、宗教学、物理学、数学など

広範囲な学識が要求されることだからである。

 

本来、神を語るというのは

それだけ格式高いことなのである。

 

しかし、そういう難しいところを飛ばして^^

読んでみたら確かに勉強になる部分もありました。

 

・・・と言いたいのですが

完全に挫折。。。

 

これは読めないです 笑

 

本当はこういう難しい本も読めたらいいなーって

前から思ってたんですけど

最近はもうネットビジネス一筋でいますね。

 

だってそんな難しい学問とか知らなくても

ネットビジネスで確実に稼げるからです。

 

「わからないことは別にわからなくてもいい。」

 

それからは完全に頭の中は

ネットビジネスだけで過ごしてきました。

 

でも無理なことをやるより

絶対今の方がいいと思っているので

その判断はやはり正しかったです。

 

あなたも、難しい本は読めない!ということなら

全く心配する必要はないので

ネットビジネスの世界に飛び込んできてほしいと思います。

 

明るく希望に満ちた未来は自分で掴みましょう!

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

 

白鳥

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

ahiruman11

 

管理人の白鳥(しらとり)。本業は大学生で普通の21歳です。

 

2013年春から始めたヤフオク転売とアフィリエイトが軌道に乗り、インターネット副業月収100万円を突破しました。

このページの先頭へ