なぜ我々はビジネスをやるのか、お金を稼ぐのか、そして生きるのか。

どうも、白鳥です。

 

よく一部の人たちの間では

 

「人生は楽しければいい」

 

ということを言われます。

 

とくに資産1億円以上なくても大丈夫だと。

 

ただフリーターは経済的に将来が心配ですから

 

「楽しければフリーターでもいいじゃん」

 

とは、とても私の口からは言えません。

 

やはり最低でも正社員になった方が得ですね。

 

ボーナスも貰えますし。

 

でも正社員になれば何でもいいわけではありません。

 

自分が納得感や満足感を持てる職場じゃないと

ストレスが溜まって楽しい人生ではなくなりますからね。

 

そのため、楽しい人生を送るということに

資産1億円以上は要りませんが

ある程度のお金は当然必要であり

満足感を持てる職場でなければいけないのです。

(最低でも資産5千万円程度あれば十分だと思います。)

 

これが私の中の最低基準です。

この最低基準を満たしていれば

人生は十分に楽しめると思います。

 

ただこの最低基準を満たしていない人が

特に最近の若者の間で増えてきているわけですね。

 

それがニートや引きこもりやフリーターたちです。

 

まあ20代のときはニートでも引きこもりでもフリーターでも

なんとなくやっていけるのかもしれませんが

あとあと大変な窮地に落とされる可能性が高いと思います。

 

それを彼らたちは全くわかっていないわけです。

 

もちろん何かの目的に向かって頑張っているから

仕方なくフリーターという人もいるかもしれませんが

その目的は継続していれば確実に達成できるとは限りません。

 

私が見た事例では50歳になっても

芽が出ない舞台俳優がいました。

 

その人は50歳でも親のすねをかじって

マンションに1人暮らしをしていて

とくに辛いわけではなく楽しいとのことしたが

あとあとどうなるのかなという感じでした。

 

まあ人生は様々な形があるわけですが

もしかしたら自分の心持ち次第で

ある程度の状況なら楽しく生きていけるのかもしれません。

 

確かに昔の貧しい日本に生きていた人は

全員が楽しくなかったわけではないと思います。

 

貧しくてもみんなと協力して

一緒に楽しく人生を生きていたわけです。

 

だから人生はどんな状況になっても

ある程度なら楽しく生きていけるはずなんです。

 

フリーターでも正社員でも起業家でも

最低限のお金がちゃんとあるのならば。

 

ちなみにニートや引きこもりについては

改善の余地しかないと思いますね。

 

さらなる高みへ

でもこの話は本当に最低限の話です。

 

当然、この最低限が嫌だと言う人が出てきます。

 

それがマズローの欲求5段階説ですね。

 

どんどん上の欲求を満たしていきたくなると。

 

ただ正社員より多い収入となると

けっこう増やすのが難しいんですよね。

 

それこそ普通に副業をやっていくしかないわけです。

 

そしてそれが成功して安定性が出てきたら

独立して本格的に経営者として活動していく形になります。

 

実際に今、ネットビジネス業界で成功している方も

このパターンが比較的多いと思います。

 

他のパターンでは、

就職しないでいきなりネットビジネスを始めて

成果を着々と上げていく人もいます。

(私はこのパターンです)

 

まあ、私の中ではこんな感じで

副業、ビジネスというものを捉えています。

 

最低限の生活も普通にありですが

もっと良い生活がしたいならば

少しずつビジネスを始めていくべきですね。

 

ここで特に私が大事だと思うのは

今は年収1000万円ほどでも人生は

楽しく生きていけるはずだということです。

 

ただその上にもっと収入がほしいという欲求や

この世の中をよくしていきたいという欲求や

ここの会社員は嫌だという欲求などがあれば

副業、ビジネスをやっていく。

 

そういうことですね。

 

ある経営者のトンデモ発言

そういえば、ある経営者が

多額の収入を得るために、

 

「稼ぐか死ぬか」

 

なんて大袈裟なことを言ってましたが

本当に考えが貧しいなと思います。

 

そんな風に自分で自分を強迫して

何が楽しいのでしょうか。

 

まあ、今はその考えも間違っていたと気付いているようですが

まだ後遺症が残っていると思います。

 

まずはその後遺症をケアしてから

新しくビジネスをしていかないと

また軸がブレてしまうかもしれませんね。

 

それにしても面白いですよ、稼ぐか死ぬかって。

 

もしJALを再生させた、あの稲盛和夫さんが言ったら

爆笑というか完全にギャグです。

 

想像しただけでもおかしい。

 

ありえないんですよね、そんな発言。

 

そもそもビジネスってそういう考えでやるものではなく

人を思いやる心を持ってやるものなのです。

 

まさに世のため人のためですね。

 

いくら稼ぎたいといっても

こんな心の状態では幸せにはなれません。

 

あの発言をよく普通に多用してきたなと思います。

 

そこまで自分を追い込んでビジネスをやっていかないと

ずば抜けた結果は出ないんだと言う考えはわからなくもないですが

やはり王道ではないんでしょう。

 

なんというかお金をいくら稼いでもお金に困るって風な

辛い心的状況になってしまったり、

悪いことも平気でやるようになってしまったりする気がします。

 

日本銀行券の束自体を無我夢中に求めるがあまりにね。

 

これに関しては、

足りない、足りないと「ない」方に解釈するのではなく

こんなある、こんなあると「ある」方に解釈するのが良いと思います。

 

もちろん、ある程度お金があるならばの話ですが。

 

今の自分に必要なのは・・・

ということで、

 

「なぜ我々がビジネスをやるのか、

お金を稼ぐのか、そして生きるのか。」

 

について詳しくお話してきました。

 

まあ一言でいえば

お金をただ求めていれば

幸せになれるというわけではないということです。

 

幸せの形は多種多様。

 

全てお金で悩みや痛みを解決しようなんて

考えはあまりしない方がいいと思います。

 

もちろん、どうしてもお金が必要・・・という場合は

ジャンジャンお金を転売やアフィリエイトなどの

ネットビジネスで稼いでいってほしい。

 

しかし、

 

「なんとなく大金が欲しい」

「楽して安定収入が欲しい」

 

という理由で副業をやろうとしているなら

本当に興味を持たない方が賢明だと思います。

 

これこそまさに真実です。

 

せっかくビジネスをやるなら

人生をよりよくするためにお金を稼ぎ

楽しく生きていくということを目指すべきでしょう。

 

自分の興味があることをやってね。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

今回の記事が、

あなたに何かを考えさせる

ささやかなきっかけになれば幸いです。

 

それではまた。

 

白鳥

 

お勧めコンテンツ

→ コンテンツ一覧

 

白鳥の無料講座

なぜコンビニ店員上がりの凡人が

右も左もわからないネットビジネスで

月収100万円を稼げるまでになったのか。

 

興味があればこちらもご覧になってみてください。

 

→ “究極の凡人”がゼロスタートで月収100万円稼いだ方法。

 

個別お問い合わせ窓口

もし質問や相談がありましたら、

お気軽にお問い合わせください。

 

とくに購入前の情報商材についての

質問や相談は重要ですので遠慮しないでください。

 

→ 白鳥へのお問い合わせはこちらから

 

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

ahiruman11

 

管理人の白鳥(しらとり)。本業は大学生で普通の21歳です。

 

2013年春から始めたヤフオク転売とアフィリエイトが軌道に乗り、インターネット副業月収100万円を突破しました。

このページの先頭へ