コンビニでアルバイトしていた私が思ったこと。

白鳥です。

 

私はコンビニでずっとバイトをしていたのですが

正直、接客には1番向いていなかったと思います。

 

当然、1番向いていないと言うくらいですから

本当に声は小さいし緊張はするし

電子レンジで温めたものは忘れるし

最初は大変でした。

 

「じゃあ何で選択が大事と、よく言ってるのに

そんな大変なことをやったんですか?」

 

と聞かれてしまいそうなので(涙)

お答えすると

1番向いていないからこそやろうと思ったのです。

 

「それおかしくない?」

 

はい、そうだと思います・・・

 

確かに一見おかしいのですが

その大変なことができれば人間として

何か成長できるのではないかという

考えが当時はあったのです。

 

でも、その考えはどうでしょう。。。

 

やっぱり嫌っていうことが勝ってましたね^^

 

大変でなおかつ嫌だって感じでしょうか。

 

それはおそらく情報業界のことを知っていたから

というのも大いにあると思います。

 

やっぱりコンビニで働いているより

転売やアフィリエイトをやっていた方がいいだろうと

そう思っていたのは事実です。

 

でも今思うのはバイトを続けていて100%良かったということ。

 

これはなぜか?

 

1番はバイトの給料で商材をいろいろ購入して

知ることができたということですね。

 

やっぱり1度買わないと実際の中身はどうなっているのか

わからないわけですから買おうってなりました。

 

そのとき保有現預金がなければ購入できず

何も知識や経験は得られないわけです。

 

ちなみに私が最初に購入したのは高額塾(笑)

 

本当に●●さんにはやられた私でしたが

それも中身が知れて良かったと思っていますよ。

 

まあそれは今だからと言えなくもないですけど。

 

最初はやっぱり何十万ですから

ショックはでかかったです。

 

でもそのショックがあったおかげで

今の自分が構成されていると思っています。

 

それから他の商材や塾も購入していきますが

それもバイトの給料があったからだし

アフィリエイトや転売にも

多少お金は使うのでよかったですね。

 

それにバイトの方は暇というのが

辛い、もったいない状態でして

作業自体は至って普通にこなせていました。

 

結論としては、

商材に使うお金があったことが

私を成長させてくれたのは間違いないということです。

 

なので1番向いていないコンビニでのバイトは

意味があったと位置付けています。

 

そして、この業界に長く接し続けたことが

稼ぐための重要なカギを握っていたと深く理解しました。

 

ぜひ参考にしてください。

 

それではまた次回。

 

白鳥

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

ahiruman11

 

管理人の白鳥(しらとり)。本業は大学生で普通の21歳です。

 

2013年春から始めたヤフオク転売とアフィリエイトが軌道に乗り、インターネット副業月収100万円を突破しました。

このページの先頭へ