検証。ブルーライト対策用メガネは効果があるのか!?

しらとりです。

 

最近は、ブルーライトって言葉も

聞き慣れてきましたね。

 

ブルーライトは可視光線の中でも

強いエネルギーを持つ青色光で

目の角膜や水晶体で

吸収されずに網膜まで達するものです。

 

パソコン、スマートフォン、テレビ、

タブレットPC、携帯ゲーム機などに多く使用されている

LEDディスプレイから発せられ

目に様々な影響を与えるといわれています。

 

しかし、ブルーライトが体に悪いとわかっていても、

現代人がブルーライトを浴びずに生活するのは

不可能ではないかと思います。

 

先ほど挙げた、パソコンやタブレットPCといった

電子機器はもちろん、通常の照明器具も

LEDに移行しつつあります。

 

私たちの生活は完全にLEDの光に依存しているのです。

 

では、どうしたらいいのでしょう?

 

一般的には、

夜寝る前の3時間は、パソコン、タブレットPC、

スマートフォン、テレビ、携帯ゲーム機などの

画面を見ないということがいわれています。

 

ただ現実問題として私はそれができません。

 

基本的に、寝る前までずっと

パソコンの画面を見ざるを得ないからです。

 

よく大衆紙には、自分でコントロールしてください的な

アドバイスが書かれていますが難しいんですよね。

 

ですので、自分なりに導き出した結論が

パソコンやタブレットPCなどを使う場合は、

ブルーライト対策用メガネを利用するということです。

 

おそらく、その存在を知っていても

実際に使用している人は少ないかもしれません。

 

ただ、私の実感として、ブルーライト対策用のメガネは

本当に効果があると思っています。

 

かけると、かけないでは全く違いますね。

 

逆に、今までもずっと利用していれば良かったなと

ちょっと後悔しているくらいです。

 

値段も、普通のメガネのように5000円しないで

購入できるので興味があれば

手に取ってほしいなと思います。

 

確か、コンビニでも販売されているのを見たことがあるので

わざわざメガネ屋さんに行かなくていいですからね。

 

もちろん、安ければ安いなりに

ブルーライトが目に与える影響の

削減率が低くなってしまうと思います。

 

まあ安ければ質が落ちるのは普通ですよね。

 

ただ、いろいろ対策メガネをかけた結果、

安くても効果はあるなとそれなりに実感しました。

 

で実はこれって情報商材にも当てはまることなんです。

 

安くても、効果があると実感できる商材はあるし

とくに高ければいいってことではないんですね。

 

もちろん、高いからダメってことでもありません。

 

実は、推薦する商材を選ぶ作業というのは

非常に苦労が多いということです。

 

実際に、何人の人にも検証をしてもらい

効果があったものしか勧められないのですから

当然ですよね。

 

何本も、毎日ひたすら売り込んでいる人がいますが

それって検証もろくにできていない

自分の利益しか考えていないアフィリエイターなんです。

 

だから彼らは毎日、毎日、ひたすら売り込んでいます。

 

でも私は、そんなことをする必要がありません。

 

そんなことをしなくても、本物の商材は

多くの人に手に取ってもらえるからです。

 

実際、申し込みは日々来ていて

サポートしてほしいというメールも

数十通単位で来ている現実があります。

 

私はそれにできる限り答えていきたいと思い

日々、業務に当たっています。

 

もし、あなたがアフィリエイトをするようになっても

本物の商材を“1つ”紹介できるような

立派なアフィリエイターになってほしいと願っています。

 

それではまた。

 

しらとり

 

→ しらとりへのお問い合わせはこちら

 

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

ahiruman11

 

管理人の白鳥(しらとり)。本業は大学生で普通の21歳です。

 

2013年春から始めたヤフオク転売とアフィリエイトが軌道に乗り、インターネット副業月収100万円を突破しました。

このページの先頭へ