自動販売機で飲み物を買わない理由。

白鳥です。

 

なんか最近、自動販売機で

飲み物を買う機会がないな~と思いますね。

 

機会がないというより

意図的に避けてしまっている気さえします。

 

そこで、それって何でだろうと疑問に思ったんです。

 

それで歩きながら考えていたんですけど

あっこれかもという理由が見つかりました。

 
それは、落ちた飲み物を拾う行為が嫌だったんですよ。
 

あの下にしゃがんでから、ふたを開けて取る行為です。

 

何でせっかく買った飲み物を

わざわざ「ドカン!」と落とす設計になっているんだよ

って言ってやりたいですね。

 

もちろん、新しい種類の自販機では

落としたものを取る設計になっていないものもありますが

それは少ない現状です。(少なくとも私の地域では^^)

 

正直、あんな古臭い設計を辞めるだけでも

購買意欲を湧かせることができると思うんですよね。

 

あっでもそんな簡単に新しくできないわけか。

 

それとも、落とす設計が1番いいと思っているのか。

 

もしそう思ってたら

経営者としては残念すぎますよ。

 

そこまで買う人の気持ちを考えてほしいと思います。

 

もしかしたら私だけという場合もあるけど 笑

 

でも実際、自販機で購入する人は

以前より少なくなっているでしょう。

 

そんな気がしています。

 

やっぱ買うならコンビニ!というような

無意識が完全に形成されていますね。

 

これはどうにかしないといけないと

自動販売機に関連する人にはアドバイスしておきたいと思います。

 

共感してくれる方はいるのかわかりませんが

日々、何かを変化させようという目線をもつと

それが自分のビジネスに役立つこともあるかもしれませんよ。
 

それでは。

 

白鳥

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

ahiruman11

 

管理人の白鳥(しらとり)。本業は大学生で普通の21歳です。

 

2013年春から始めたヤフオク転売とアフィリエイトが軌道に乗り、インターネット副業月収100万円を突破しました。

このページの先頭へ