自民党が貸金業の金利上限を現在の20%から29.2%に戻す方針!

白鳥です。

 

自民党が貸金業の金利上限を

現在の20%から、2010年まで適用されていた

29.2%に戻す方針であることが明らかになりました。

 

たしか金利が20%になったのは、

高金利な悪質業者が数多くいたためでした。

 

また、中小零細企業が高金利でなくても、

資金調達できていたのに、困ってしまいます。

 

自民党は、消費税増税とセットにして

中小零細企業を滅ぼそうとしているとしか思えません。

 

どうやら、この国の未来には「格差」しかないようです。

 

それではまた次回の記事もお楽しみに。

 

白鳥

 

・貸金業の金利規制緩和 自民が法改正検討

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1400W_Y4A410C1PP8000/

 

引用:

自民党は貸金業者に対する金利規制の緩和を検討する。健全経営だと認可された貸金業者に限り、顧客から受け取れる金利の上限を現在の20%から、2010年まで適用していた29.2%に戻す方向だ。銀行融資を受けにくい中小零細企業などが、消費者金融から借り入れやすくする狙いがある。

:引用終了

 

【白鳥の無料講座】

 

なぜコンビニ店員上がりの凡人が

右も左もわからないネットビジネスで

月収100万円を稼げるまでになったのか。

 

興味があればこちらもご覧になってみてください。

 

“究極の凡人”がゼロスタートで月収100万円稼いだ方法。

 

【個別メール窓口】

 

いつでも質問や相談や依頼がありましたら

お気軽に遠慮なくメールしてみてください。

 

どんな些細なことでも大丈夫です。

 

白鳥へのメールはこちらです。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

ahiruman11

 

管理人の白鳥(しらとり)。本業は大学生で普通の21歳です。

 

2013年春から始めたヤフオク転売とアフィリエイトが軌道に乗り、インターネット副業月収100万円を突破しました。

このページの先頭へ