長時間働くことってすばらしいの?

どうも白鳥です。

 

今現在の日本社会は

長時間働くことがすばらしいと思われています。

 

例を挙げると、会社のお偉いさんや

親や友人など、皆が長時間働くことを

すばらしい!と褒め称えてくる人が多いです。

 

もちろん、本人たちも

朝から夜まで働いているわけです。

 

しかし、働く時間が長いことが

絶対にすばらしいとは言えません。

 

理由は、長時間働いたところで

成果というのはあまり伸びていかないからです。

 

労働時間だけを増やしても

やはり生産性を増やすのには限界があります。

 

確かに、以前は労働を増やして

成果を伸ばすだけでよかったかもしれません。

 

ただ、今現在は、

労働を増やすより、良質な情報量を増やして

成果を伸ばしていく仕事が多いので

良質な情報に着眼する必要があります。

 

今は、労働の時間を増やすより

やり方を変えたりした方が生産性は

16倍、32倍と上げられるのです。

 

よって、頑張って成果を出したいという方は、

役に立つ良質な情報を得ることに

注目していくのが良いと思います。

 

労働時間を2倍にするより

良質な情報を得て、

16倍、32倍と生産性を上げていきましょう。

 

とくに、長時間労働に苦しまれている方には

心からお伝えしたいと思います。

 

それではまた次回。

 

白鳥

 

【白鳥の無料講座】

 

なぜコンビニ店員上がりの凡人が

右も左もわからないネットビジネスで

月収100万円を稼げるまでになったのか。

 

興味があればこちらもご覧になってみてください。

 

“究極の凡人”がゼロスタートで月収100万円稼いだ方法。

 

【個別メール窓口】

 

いつでも質問や相談や依頼がありましたら

お気軽に遠慮なくメールしてみてください。

 

どんな些細なことでも大丈夫です。

 

管理人へのメールはこちらです。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

ahiruman11

 

管理人の白鳥(しらとり)。本業は大学生で普通の21歳です。

 

2013年春から始めたヤフオク転売とアフィリエイトが軌道に乗り、インターネット副業月収100万円を突破しました。

このページの先頭へ