2ちゃんねる元管理人の西村博之氏は年収1億円を超えるようだが・・・

白鳥です。

 

下記の記事でも、その名は出ましたが

 

>「スモールITビジネスとビッグITビジネスとは?」

 

西村博之という人物を覚えていますでしょうか?

 

この方は、2ちゃんねるの元管理人で有名なのですが

約1億円の申告漏れがあったようです。

 

情報としては、去年の8月24日なので

かなり前なんですけど

ヤバいなって思ったことがあるので取り上げていきます。

 

まず結論からいくと

2ちゃんねるの管理を海外法人に譲渡したと公表した後も

莫大な広告収入などの一部を受け取っていたんですよね。

 

その海外法人とは

シンガポールにあるパケットモンスター社。

 

話によると、2ちゃんねるの広告収入は、

西村さんが代表取締役の東京プラス社などに支払われ、

同社などから2009~12年に約3億5000万円が

パケット社に送金されていた。

 

そして、西村さんは2009~11年の3年間で

約1億数千万円の報酬をパケット社から受け取り、

自身の所得として申告した。

 

しかし、東京国税局は残りの約2億円についても、

パケット社がペーパーカンパニーと見られることから

実質的に西村さんの所得に当たると指摘したようだ。

 

すでに追徴税額の約3000万円は修正申告し、

納付も済ませている。

 

とこんな感じの内容なのですが

なぜ西村さんは2ちゃんねるを譲渡したことに

する必要があったのか疑問に思いませんか?

 

実はその答えは1つで、

形式的に2ちゃんを譲渡したように見せかけて

法的な責任を逃れようとしているんですよ。

 

実質的な管理人にも関わらず

覚醒剤の購入をあおる書き込みを放置したことからも

それは間違いありません。

 

法規制をできるだけ守らず、

莫大な利益を得続けようという話ですね。

 

申告漏れと言うより、ほぼ脱税まがいとも指摘されてます。

 

他にも、2ちゃんねる関連の民事訴訟と多額の賠償債務が

約5億円に上るとされていますね。

 

そのとき報道陣には

 

「支払わなければ死刑になるのなら支払うが、

支払わなくてもどうということはないので支払わない。」

 

「踏み倒そうとしたら支払わなくても済む。

そんな国の変なルールに基づいて支払うのは、ばかばかしい。」

 

と、答えた。

 

私はネットビジネスを開始する前から

この方の対談はよく見ていたのですが

ここまで常軌を逸している人物だとは思いませんでしたね。

 

頭が良すぎると結果こういう世界にいってしまうのでしょう。

 

今のホリエモンを見習ってほしいです。

 

まあこんな方もいるのだという

参考にしていただければいいと思います。

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

 

白鳥

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

ahiruman11

 

管理人の白鳥(しらとり)。本業は大学生で普通の21歳です。

 

2013年春から始めたヤフオク転売とアフィリエイトが軌道に乗り、インターネット副業月収100万円を突破しました。

このページの先頭へ